About CBD

CBDとは?

CBDはカンナビジオールの略で、大麻草の成熟した茎や種子に含まれる天然成分の一つです。

「大麻の成分が原料」と聞くと、少し不安に感じる方もいるでしょう。CBDは日本では認知度が低くまだあまり馴染みがありませんが、欧米を中心とした海外では安全性において注目を浴びており、さまざまな分野で期待されています。

plus81のCBDには、依存性があり気分が高揚して「ハイ」になるといわれている違法なTHCという成分は含まれていないため、安全性が高く副作用や依存性において心配はいりません。

オイルやバームなど、CBDのさまざまな商品を販売しています。毎日の生活に、意識的にリラックスタイムを作りましょう。ゆったりとした時間のお供にお使いください。



  • 気化摂取

    気化摂取は、アトマイザーとバッテリーを使用してCBDを気化し、直接肺に送りこむ方法。効率的に吸収でき、即効性が期待できます。

    適量は、体調や体質によって個人差があります。またCBDの濃度によっても効果のあらわれ方は異なります。

  • 舌下摂取

    CBDの楽しみ方は色々ありますが、舌下摂取は手軽におこなえるためポピュラーな摂取方法です。

    舌の下にオイルを垂らし、1分~1分半程度溜めておきます。時間がたち、残ったCBDは飲み込みましょう。

  • 局所・経皮摂取

    オイルやバームを肌に塗って部分的に使用いただけます。

    一日の終わりのリラックスタイムに、バームの香りを楽しみながらマッサージをしながら癒しのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。


plus81の取り組み

plus81は、お客様に安心安全な商品をお届けし、毎日を快適に過ごすためのサポートをしたいという思いがあります。当社は商品専用の製造所を所有しているため、高品質なCBDを製造しています。原料はアメリカからの独自のルートで輸入しているため、お求めいただきやすい価格帯で商品をお届けすることが可能です。ご利用の皆様が、毎日の生活を心地よく、リラックスしてお過ごしいただけるよう、これからも尽力してまいります。

plus81ではCBDを含む商品だけでなく、大麻から抽出されるカンナビノイドの一つであるCBNや、CBD以外のカンナビノイド成分も含むブロードスペクトラムなどの商品も取り揃えております。また、さまざまな香りのバームや、バッテリーなどのアクセサリーなどもお求めいただけます。

一度お試しいただき、CBDを体感してみてはいかがでしょうか。お気に入りの商品を見つけていただければ幸いです。気になる商品をご覧ください。


カンナビノイドの生合成

  • CBGA(カンナビゲロール酸)について

    大麻の花の基礎となる化合物であり、全てのカンナビノイドの母といわれています。

    CBGAはTHCA、CBCA、CBDAという3つの主要なカンナビノイド系列を生成する最も上位にある化合物で、植物が成長することでTHCA、CBCA、CBDAに変換されます。

  • CBDA(カンナビジオール酸)について

    CBDAはCBDの前駆物質です

    CBDAを脱炭酸という、カンナビノイドを加熱しカルボキシ基を除去するプロセスを経て、CBDに変換されます。

  • CBD(カンナビジオール)について

    CBDには、依存性があり気分が高揚して「ハイ」になるといわれている違法なTHCという成分は含まれていないため、安全性が高く副作用や依存性において心配はいりません。

    日本でも合法の成分です。

  • THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)について

    THCAはTHCの前駆物質となるものです。THCAが熱と光によってTHCに変換されます。

    THCAは脱炭酸という、カンナビノイドを加熱しカルボキシ基を除去するプロセスを経て、THCに変換されます。

    脱炭酸とはカンナビノイドを加熱しカルボキシ基を除去するプロセスのことです。脱炭酸は植物の発育の初期段階で起こります。

  • THC(テトラヒドロカンナビノール)について

    THCは精神活性作用があり、ハイにさせる作用があります。

    海外では医療大麻が承認されている国もありますが、日本では未承認であり、違法とされています。

  • CBN(カンナビノール)について

    CBNは、実は精神作用を及ぼすTHCから抽出されるカンナビノイドです。THCが酸素、光、そして温度にさらされることでCBNが生成されます。

    CBNはTHCが分解されてできたものなので、THCの効力は弱く、依存性やハイになる事はなく、日本では違法薬物として登録されていません。

  • CBG(カンナビゲロール)について

    CBGAから脱炭酸というプロセスを通じてCBGが作られます。

    CBGは、生産するのに最も高価なカンナビノイドの1つです。

    CBGは若いヘンプ植物に多く存在し、成熟して収穫することの作物にはごく少量しか含まれていません。植物が成熟すると、CBGレベルは大幅に減少し、1%未満になります。つまり、少量でも抽出するためには、大量の植物材料が必要にとなります。